高輪中学校・高輪高等学校
入学希望生へ 父母の方へ
卒業生へ
最新情報 学校紹介 教育方針 入試情報 学校生活 クラブ活動 交通案内 お問い合わせ
 

☆9月9日は救急の日です☆

(2015.9.15)

 

 救急とは、急病やけがの応急手当をすることです。大きな病気やけがだけでなく、擦り傷や切り傷の手当も「救急」の仲間です。
まず、自分がけがをした時の応急手当をしっかり覚えて、実行できるようにしましょう。そして、友達や家族がけがをした時に、正しい応急手当をしてあげられるとより一層いいですね。いざという時にすばやく行動できるよう、適切な応急手当を身につけましょう。

   
 119番の通報後に救急車が到着するまでの時間は全国平均8.3分と言われています。
突然、心停止を起こした人の救命率は、1分後にAEDを使用すれば90%。それから1分遅れるごとに7〜10%ずつ低下していきます。つまり、命のタイムリミットは約10分。即行動するのは不安で難しいことですが、踏み出したその一歩がいつか誰かの命を救うかもしれません。そのためにも、普段から一歩を踏み出すための知識と勇気を!
 
〜AEDをこわがらない!〜
   
 AEDは、心臓に電気ショックを与えて正常な状態に戻そうとする医療機器です。電源を入れ(ふたを明けると電源が入るものもある)、電極パッドを貼ると、自動的に心電図の解析が始まります。そして「ショックが必要」とのメッセージがあれば、誰も患者に触れていないことを確認して、ショックボタンを押すという流れになります。基本的には音声ガイドに従って操作すれば、電極パッドを貼る位置もパッド自体に絵が書いてあるのですぐわかります。もしもの時に備えて使い方を頭に入れておくとよいですね。
   
Q

AEDって、難しそうなんだけどだれでも使えるの?

A

音声メッセージが流れるので、そのとおりにすれば誰でも安全に使えます。

   
Q

AEDを使うのは、どんなとき?

A

意識がないとき、呼吸のようすがおかしいとき。

   
Q AEDが必要ないときに使ってしまったらどうなるの?
A 必要ないときは、「電気ショックは必要ありません」というメッセージが流れます。安心してください
   
Copyright©1999-2015 TAKANAWA GAKUEN All rights reserved.
〒108-0074 東京都 港区 高輪2-1-32 TEL 03-3441-7201 FAX 03-3441-6699
学校法人 高輪学園 webmaster@takanawa.ed.jp
サイトマップ