高輪中学校・高輪高等学校
入学希望生へ 父母の方へ
卒業生へ
最新情報 学校紹介 教育方針 入試情報 学校生活 クラブ活動 交通案内 お問い合わせ
中高6年間一貫教育中高6年間一貫教育
進学のための学習プログラム進学のための学習プログラム
教科紹介教科紹介
進学指導進学指導
進学実績
合格体験記合格体験記 1
合格体験記 2
合格体験記 3
合格体験記 4
合格体験記 5
合格体験記 6
合格体験記 7
合格体験記 8
生徒指導生徒指導
 
Home教育方針進学実績 ≫ 合格体験記 1合格体験記

合格体験記 合格体験記 合格体験記 合格体験記 合格体験記
合格体験記 合格体験記 合格体験記    

平成29年度 卒業生 M君

<進学校> 京都大学 総合人間学部

 こんにちは、京都大学に進学したMです。これから私の時期ごとの勉強や勉強中に意識していたことを紹介させてもらいますが、最初に言いたいことがあります。率直に言って、今から紹介する勉強法をすべて実践したからといって京大に受かるとは限りません。なぜなら最適な勉強法は人により異なるでしょうし、それは自分の勉強に向き合う皆さん自身が一番分かっている、またはこれから見つけ出していくと思います。なので、この進学の手引きや予備校のホームページなどで先輩の勉強法をいろいろ見てみるのもいいですが、あくまで参考程度にとどめましょう。京大については特に他の大学との問題形式の違いが大きいので、私の勉強法は京大を考えていない人にとっては必要ないものまで含んでいるだろうかと思います。ですがぜひ皆さんに最後まで読んで試してみてほしいと思います。多くの受験生にとって少しは役に立つことがあると思います。
 私は、高1に上がると同時に予備校に入り、夏には志望校が京大に決まっていました。ですがその時の私は、ただ漠然と「京大の総合人間学部ってなんでもできそうでいいな〜」といったことを考えていました。高1の間はひたすら英数の基礎固めをし、高2で英数物を固め、それに合わせて問題集で演習を重ねていきました。はじめて過去問を解いたのは高2の1月で、そこで京大の広大で残酷な解答用紙に出会いました。そこから勉強の中で採点者に伝える答案を書くことを意識し、京大対策を始めました。本格的に過去問を解き始めたのは9月頃です。高輪は化学の進度が遅かったので夏休みの前半のほとんどを化学にあてて全範囲を終わらせ、そこから過去問に取り掛かりました。高3の二学期以降は学校以外の時間はほとんど予備校に行き、国語は10年分、英語は13年分、数物化は約17年分を解き終えました。
 次に、勉強の際に意識していたことです。私は「覚える」という作業が大嫌いだったので受験勉強の中で覚えることを最小限にすることを心がけていました。特に理系科目に関しては、公式や解法などは覚えるより、理解することを優先し、忘れてしまっても導出の過程を復元できるようにしていました。演習している中で何度もその復元を繰り返していると、その過程は自然と定着していきます。覚えようと意識するのではなく何度も繰り返すうちに自然と覚えている、という感じです。具体的に科目ごとにいうと以下の通りです。参考に、使っていた参考書類もあげます。
 数学、理科:とにかく覚える量を減らして理解を優先し、演習の中で公式や解法を復元する練習をする。使っていた参考書等は、青チャート、最高難度の理系数学、重要問題集、化学の新演習など。
 英語:長文問題集や過去問をひたすら解き、全文訳を確認。文章中に出てきた単語は普段使っていた単語帳で確認し、載ってなかったら無視! そんなの分かる人の方が少ない(と思われる)ので、英語を武器にしようと思わない限り無視していいと思ってました。使ってた参考書等は、単語王、解体英熟語、やっておきたい英語長文、英語読解問題精選など。
 国語:これに関しては私は最後までよく分からなかったので、ひたすら過去問演習してました。ごめんなさい。
 倫政:社会に関しては覚えるしかないと思いますが、覚え方にも工夫をしていました。読む系の参考書を何度か読み通して流れを把握して、過去問演習の中で知識を補っていく、という感じです。ただ単に言葉を覚えていくより効率は良いので、理系で社会を使う人にはおすすめ。使っていた参考書等は、蔭山のセンター倫理、政経。
 以上、簡単に私の勉強について紹介しました。まだまだ書きたいことはありますが字数的に限界です(これでもかなりオーバーしてる)。なにか聞きたいことがある人は、吹奏楽部の人に連絡先を聞くとかして質問してくれるとうれしいです。そうでなくても、志望校の決め方や勉強法に迷ったらいろいろな人に相談しましょう。相談に乗ってくれる人はたくさんいると思います。私の京大の判定は最後の最後までほとんどEで、Eを脱却したのはごく稀でした。模試の判定なんてそんなもんなので、皆さんもE判定の成績表は破り捨てて、気にせず勉強しましょう。最後まで諦めなければ、第一志望合格はつかみ取れます。頑張ってください。そしてもしよければ私の後輩になって、一緒に自由の学風を謳歌しましょう。

Copyright©1999-2018 TAKANAWA GAKUEN All rights reserved.
〒108-0074 東京都 港区 高輪2-1-32 TEL 03-3441-7201 FAX 03-3441-6699
学校法人 高輪学園 webmaster@takanawa.ed.jp
サイトマップ