高輪中学校・高輪高等学校
入学希望生へ 父母の方へ
卒業生へ
最新情報 学校紹介 教育方針 入試情報 学校生活 クラブ活動 交通案内 お問い合わせ
中高6年間一貫教育中高6年間一貫教育
進学のための学習プログラム進学のための学習プログラム
教科紹介教科紹介
進学指導進学指導
進学実績
合格体験記 1
合格体験記 2
合格体験記 3
合格体験記 4
合格体験記 5
合格体験記 6
合格体験記 7
合格体験記合格体験記 8
生徒指導生徒指導
 
Home教育方針進学実績 ≫ 合格体験記 8合格体験記

合格体験記 合格体験記 合格体験記 合格体験記 合格体験記
合格体験記 合格体験記 合格体験記    

平成28年度 卒業生 O君

<進学校> 北海道大学 総合教育部(総合入試文系)

 こんにちは。私は1年間の浪人生活を経て第一志望の大学に合格したOです。ここでは合格体験記ということで、私の受験体験を基に考えたこと、後輩たちに伝えられることを主に書きたいと思います。
 私は中学の時から宿題や定期試験は真面目にこなし、成績はさほど悪くありませんでした。このまま普通に勉強していれば、大学受験も何とかなるだろうと悠長に構えていました。そして受験校を考えた時も、自分は成績もまあまあだし、真面目に勉強しているのだからということで、家族や先生方と相談した挙句、かなり難易度の高い国立大学を第一志望にしていました。しかし、高2、高3と学年が上がるにつれ、大学受験を意識し始めた仲間たちに徐々に追い抜かれていき、あまり自信が持てなくなっていました。それでも意地を張って高3の秋頃には過去問の練習をしていましたが、それほど実力もつかず、センター試験となりました。結果は言うまでもないでしょう。第一志望合格のためのセンターで必要な点数には達していませんでした。この後、担任の先生や予備校の先生そして両親と国公立二次の志望校検討でかなり揉めましたが、私は第一志望校を変更しました。それが北大です。何とかボーダーに手が届きそうだと思いながら勉強していましたが、うまくいかず、私大も北大も全て落ちました。ここから浪人生活が始まることになりましたが、その前に、自分はどうして合格出来なかったのか、これからどの大学を目指して勉強するのかを深く考えました。そこで考え着いたのは、自分は確固とした目標を持たずにただひたすら勉強していたから落ちたのだ、ということでした。第一志望の国立大学を目指し、真面目に取り組んでいるように見えたのだろうと思いますが、実際のところ、自分のプライドのためだけになんとなくそこを目指していたのだと気づきました。本当に自分が入りたい所ではなかったのだと。そして現役時に最終第一志望にした北大について考えました。正直、私がセンター後に北大を目指したのは、もちろんセンターの得点率を意識したのもありますが、幼少期に北海道旅行に行ったついでに、北大を見て(生まれて初めて見た大学がここでした)、子供ながらに、広くて自然があっていいなと思った記憶があったからだと思いました。ここから私は北大を第一志望に勉強することに強く決めました。4月から予備校に入り、現役時に足を引っ張った数学と国語を徹底的に毎日勉強しました。また、予備校の先生の勧めで、良いライバルを持て、と言われていたので、上位の生徒や先輩方の勉強法を参考にしながら、クラスでは、模試の成績で必ず上位に入ることを意識しました。その結果、センター試験で一年前よりも好成績で通過し、自信を持って二次、私大の対策が出来、北大に前期試験で合格することができました。自分が本気で北大を目指した結果だと思います。
 ここまで長々と合格体験を書いてきましたが、これを基に受験生活において大事だと感じ、後輩たちにも伝えたい事について書きます。自分の進路は自分が納得のいくように決める、ということです。両親や先生の意向や友人の意見に添う事はもちろん重要ですが、周りに流されることなく、自分が納得する目標を立てるべきです。そうすることによって、自分の受験生活に良い意味でのプレッシャーをかけることが出来、勉強自体はそれほど苦にならなくなると思います。その目標(第一志望合格)が叶った時の喜びはひとしおです。しかしそうは言っても人間ですから、誰でも毎日勉強していれば疲れが溜まります。疲れて頭がうまく働かない時は積極的に休憩しましょう。私自身、直前期でも緊張や疲れでうまくいかない時は勉強をやめ、試験日に集中出来るように休養に徹することもよくありました。そして、家族や先生など周りの人に感謝しましょう。私は家族が身のまわりのことを助けてくれたおかげで、浪人もして、第一志望に合格することができました。感謝を忘れないことで、自分の勉強の後押しにもなりますし、結果が出せれば周りの人も喜び、さらにいろいろと援助してくれるという良いサイクルもつくれます。
 受験勉強のやり方は本当に人それぞれです。誰にでも当てはまる王道はないと思います。後輩の皆さんも様々な勉強法を試行錯誤しながら自分に合ったものを見つけてください。飽くまでも参考までに、私の勉強時間や使った教材などを最後に載せます。受験は厳しくなると思いますが、それぞれの目標を最後まで突き詰めて、合格を掴み取ってください。応援しています。

 高3の3学期当時の1日の勉強時間 …(平日)約4時間 (休日)約9時間

 本格的に受験勉強を始めた時期 …受験本番の1年前程
                       (塾には高2の夏頃から数学で通っていました)

 教材について…基本は学校で使用したもの(現役時)、予備校の付属問題集(浪人時)
           基本の反復練習は重要です。
           『システム英単語』、『ネクステージ』(英語)
           『古語辞典』(結構解説が詳しい)
           『世界史用語集』

 他に長期休暇中などには、いつ、何の科目の何を、どれだけやったのか、が分かるような表を作って科目のバランスを意識しました。



     
Copyright©1999-2018 TAKANAWA GAKUEN All rights reserved.
〒108-0074 東京都 港区 高輪2-1-32 TEL 03-3441-7201 FAX 03-3441-6699
学校法人 高輪学園 webmaster@takanawa.ed.jp
サイトマップ